2013年03月22日

「創作文芸は売れないのか?」ということについて その2

さて、間にイベントやのその準備の新刊作業を挟んで、ずいぶんと間が空いてしまいましたが――
ちょっと前に書いた「創作文芸は売れないのか」の記事の続きを、今日から書いてみたいと思います。

続きを読む
posted by つむぎゆう at 03:01| Comment(0) | 文芸同人についてのあれこれ

2013年02月24日

「創作文芸は売れないのか?」ということについて

日記をブログに切り替えてから、いつのまにかずいぶんと月日が経ちました。
ずいぶんと月日経ったのですが――
実を申しますと、日記をブログに切り替えたときに意図していたことのうちのひとつを、まだ本格的に果たしていなかったりします。

文芸というジャンルについていろいろ思うこととか、そのときどきのジャンル内での動きについてとか、イベントについての(参加レポート以外の)感想とか。ひとつの記事を独立してリンクを提示できるブログ形式のほうが、リアルタイムで「思ったこと」を書きやすいのではないかなあとか。ブログに切り替えたときには、そういう気持ちがあったのです。

もちろん、「文芸/文芸ジャンルとはこういうものである/こうあるべきである」というような論調は自分自身読むの苦手なので、なんとなくつらつら僕はこう思うんだけどなー、的なところを思いついたときに書いていきたいなあと、そんな風に考えております。(そうこうしているうちにツイッターを始めてしまったので、リアルタイムではある程度そっちで書いていくようになってしまったこともあるのですが)

そんなわけで、そうしたエッセイの第一回目のテーマは何にするかというと――実はもうずいぶん前から決めていたのです。
ブログに切り替えたきっかけ、「いろいろ思うことを書きたい」という動機も、もともとはそのテーマを書くことを頭に思い描いてのものでしたから。

――文芸同人誌(文芸ジャンル)は売れないのか?

そうです、これです。
文芸界隈で定期的に浮上する、この命題。
まあ、自分の周りのサークルさんでは直接この嘆きを呟かれるかたはいらっしゃらなくて、どこか別のところで発されたつぶやきに対してそれぞれ思うところを述べる形でツイッターのタイムライン等に反応が広がる、というかたちが多いのですが――
それでも、ときおり何処かからこの「文芸ジャンルは売れない」という声がもたらされるたびに何らかの波紋が広がるので、それに対する肯定否定はともあれ、やはりジャンルに身を置く人間として声をあげたくなる話題なのかなあと思います。
また一方で――大型掲示板や匿名ダイアリーなどの場所、ときには個人の日記やツイートなどで、「創作文芸は売れない」から始まって「本を手に取られたけど『なんだ文章か』といわれて戻された」「***(イベント名)で文芸の落選率が高かった」等々といった文章を見ることはときおりあるので、(一部煽り的なものはあるとしても)本心の部分でそう考えている文芸界隈のかたも、もしかしたら少なからずいらっしゃるのかもしれない。
そんなこんなで、自分もこのあたりでひとつ、この命題に対する自分の考えを綴ってみようかなあ、などと思うのです。
(※そもそも数が売れるということだけが目的ではないというところはあるし、数なんて二の次! というスタイルと心構えのサークルさんも数多くいらしゃいますが――ここではあくまでも、「多くの本を手に取ってもらいたいのにそれがかなわない」という意味合いでの嘆きにたいしてを想定して書いてきます)


続きを読む
posted by つむぎゆう at 15:58| Comment(1) | 文芸同人についてのあれこれ