2012年12月13日

北鎌倉/逗子散策 後編

(間に冬コミ原稿と締め切りなどを挟んで、えらく間が空いてしまいました……! 前回の北鎌倉散策の続き、今回は逗子編です)

さて、北鎌倉を出発したのはまだ8時前。乗り込んだ下りの電車はホームに着くときには学生さんでいっぱいだったのですが、北鎌倉でほとんどの学生さんが降り、さらに隣の鎌倉で残りの学生さんも降りていって、鎌倉を発った時にはがらんがらん。
ちなみに僕が乗った電車はセーラー服の娘さんではなく、学ランの男子学生さん率が高かったです。北鎌倉にこの時間に着く電車、女学生さん率が異様に高い列車と男子学生さん率が異様に高い列車があって、どこで乗り分けが行われているのか微妙に謎。

逗子は鎌倉からはひと駅なのですが、ここから先に行くのはほんとうに十数年ぶり。ちょっと降りるだけなのではなく街中を歩くなんていうのは、叔母に連れてこられた小学生のとき以来です。

その小学生のときには、どうして逗子までやってきたのか実はまるで憶えていないし、どういうルートを通ってどこを目的地にしていたのかも今となっては忘却の彼方なのですが――
ひとつだけ、今でも憶えている光景がありまして。
夕方に、海がすぐ近くのところにある真っ赤な橋の上から、魚の泳ぐ川面を眺めている小学生の自分。
というのが、その数十秒くらいの間だけくっきりと記憶に残っているのです。
なんだろう。自分の場合ある程度以上子供のころの記憶って、不連続で、ある場面だけスナップ写真のように残っているものが多かったりするのですよね。それも、別に劇的な事件が起こったシーンではなく、どこともわからない道を歩いている場面とか、空き地で友人と霜柱を踏んでる場面とか。
その中で、上に書いた逗子の赤い橋は、比較的いまでも場所が特定できるもののひとつで……前々からちょっと、気になっていたのです。
なので、この日鎌倉に来たついでにふらっとやってきた逗子散策の目的は、「あの赤い橋を見つけに行く」でした。
続きを読む
posted by つむぎゆう at 00:00| Comment(1) | 散歩記録

2012年11月25日

北鎌倉/逗子散策 前編

 そういえば先日、ブログをこちらに移してからまだ一度も散歩記録を記事にしていないことに気づきました。
 書きたい短編小説のネタ拾いとか、書き途中の作品の舞台確認とか、あるいは気持ち的な景気づけとかのために、わりと週末のどちらか片方くらいは近場(神奈川・東京)のどこかの街に出かけてはいるのですけれど。

 そんなわけで、記事のカテゴリに「散歩記録」を追加。ちょこっとずつのんびりペースで、散歩日記を加えていきたいと思います。

 さて、実はこの間のコミティア102の翌日の月曜日、僕は北鎌倉と逗子の方面に行ってまいりました。
 この週はちょっと変則に日月が仕事休みだったもので――空いている平日の朝に、毎年恒例の北鎌倉の紅葉を見にいってしまおうかなーと思ったのです。

 シーズンの観光地に赴くときには、早朝のうちにこっそり行って帰ってきてしまうのが楽(北鎌倉はお寺もあるけれど住宅地でもあるので、朝はフラッシュたいたりとか複数連れでいって話声あげたりしないのが肝要ですが)なので、仕事行くときと同じ5時半くらいに起きて横須賀線に乗り、7時くらいに北鎌倉駅に到着。
続きを読む
posted by つむぎゆう at 21:15| Comment(0) | 散歩記録