2013年01月25日

2012年の執筆記録

ちょこっと間があいてしまいました。
さて、前回の日記でお伝えいたしました、僕の執筆速度向上作戦である「目標とペースを定めて定期的に報告」という方法。
前回の日記には3年ほど前からと書いたのですが、EXCELで作成している記録表を再確認してみたところ、2008年からこの方法をとってました。
これまでの各年の結果は、以下のようになっています。最初は「1日1KB」を目標ペースにしていたのですが、一昨年あたりからすこしずつ目標を上乗せして、昨年の目標値は年600KB。おおよそですが、自分の改行の取りかたですとライトノベルレーベルのやや厚めの文庫本2冊くらい相当です。

年の始めに600KBという目標は公開しつつも、昨年は日記そのものの更新がまばらで、ほとんど月に一度の報告もしないまま一年を過ごしてしまったのですが――記録のほうは毎日毎日、ちまちまとつけておりました。
で。
最終的に、どうなったかと申しますと。



こんな感じです。
(EXCELから直接HTMLを出力するお手抜きなやりかたをしているので、ちょっと重くて申し訳ありません。ブラウザによって、もしも表示できないようであればご連絡くださいまし)

600KB目標のところ、30.9KBオーバーして、630.9KB
なんとか無事に、達成することができました。
これも、執筆中にtwitterのタイムラインなどでお相手をしてくださって僕の気力を充填してくださったかたたち、それからもちろん、即売会でお話をしてくださり、うちの本をお手にとってくださるかたたちのおかげなのです。ありがとうございます!

昨年は一年の途中経過をお目にかけられなかったので、ここに、目標ペースとの競争の結果をグラフ化したものを公開させていただきたいと思います。

gurafu.jpg

「1年600KBを均一ペースで達成するためにその時点で書いていなければならない量」と「実際にその日までに書いた累計」との差を記録したもの。
こうして見ると、ペースは山あり谷ありではありつつも、4月のほんの数週間以外はおおむね「1年600KBペース」を下回ることなく一年を完走できた気がします。
2013年以降、これよりももっと年間執筆量をあげていこうと思ったら、やっぱりあれですね。春・GW後・夏コミ後・秋にやってくるペースダウンの時期をいかに短くして、再スタートを早めにかけられるか。年間通してイベント前のようなペースはさすがに無理であっても、いまグラフで下りになっているところを水平か緩やかな登りくらいにできるのであれば、もうちょっとまだ量を書ける気がする……

さて、2012年は数字上の量以外に、もうひとつ自分的に嬉しかったことがありまして――
1月1日から12月31日までの閏年366日間、0.1KBなんて日も中にはありつつもですが、全部の日に小説を執筆することができたのです( *´ ω`*)
記録を付け始めてから初めて……と申しますか、たぶん生まれてから初めて。
これはまあ、自分の根気云々というよりは、数年前であれば忙しい日は書けないまま「今日はいいや」となってしまったところを、iPhone、IS01といった 混んでいない電車の中であれば立ったまま周りの迷惑にならずに書きものできるガジェットが増えてきて、通勤時間の一部を書きものに充てられるようになったことが大きいのかもしれません。
いずれにしても、休みなく書きものするというのは前々からの目標だったので、達成できたのは嬉しい。

そんなこんなで、わりといいことづくめだったように思える2012年の書きもの戦績ですが――
ただまあとはいえ、600KBは上にも書いたように文庫本2冊程度にまとまってしまう量ではあります。1年1MB超え、などというかたのお話もWEBや同ジャンルでお聞きするので、そこにはまだ届かないにしても徐々に年間量をアップしていきたい。
数字としての量だけこだわってもしかたがないのではないかという考え方もありますが、量をこなさないと質はついてこないというのはやはり真実だと思いますしね。

2013年は、数値目標を700KBに設定したいと思います。
一日あたりの平均では、1.917KB。ということは、2KB以上を書いていけばOKということで――これが達成できれば、数年前の目標値だった「1日1KBペース」から、2倍のペースを手に入れられることになるはず……
月にいちどの報告も今年はきちんとやっていきたいと思いますゆえ、どうかまた、おつきあいしてやってくださいまし。

よし、これでようやく(1月ももう末になって)2012年に関わる記事はすべて書きおさめ。
次回の日記では、これもまた今更感はありますが、数値以外の部分での今年の目標などを書いていきたいと思いますー
posted by つむぎゆう at 00:00| Comment(0) | 執筆記録・報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: