2012年11月25日

北鎌倉/逗子散策 前編

 そういえば先日、ブログをこちらに移してからまだ一度も散歩記録を記事にしていないことに気づきました。
 書きたい短編小説のネタ拾いとか、書き途中の作品の舞台確認とか、あるいは気持ち的な景気づけとかのために、わりと週末のどちらか片方くらいは近場(神奈川・東京)のどこかの街に出かけてはいるのですけれど。

 そんなわけで、記事のカテゴリに「散歩記録」を追加。ちょこっとずつのんびりペースで、散歩日記を加えていきたいと思います。

 さて、実はこの間のコミティア102の翌日の月曜日、僕は北鎌倉と逗子の方面に行ってまいりました。
 この週はちょっと変則に日月が仕事休みだったもので――空いている平日の朝に、毎年恒例の北鎌倉の紅葉を見にいってしまおうかなーと思ったのです。

 シーズンの観光地に赴くときには、早朝のうちにこっそり行って帰ってきてしまうのが楽(北鎌倉はお寺もあるけれど住宅地でもあるので、朝はフラッシュたいたりとか複数連れでいって話声あげたりしないのが肝要ですが)なので、仕事行くときと同じ5時半くらいに起きて横須賀線に乗り、7時くらいに北鎌倉駅に到着。
 この日残念なのは、空がいまにも降り出しそうに曇っていたことでした。
 紅葉はやっぱり、陽の光を透かしているのを見たほうが綺麗ですものね。

IMG_0358.JPG
 北鎌倉の駅構内の踏切から撮った下り鎌倉方面の一枚なのですが、なんか怖い……
 ひとを異界に運ぶ電車がやってきそうな雰囲気ですw


IMG_0361.JPG
 紅葉そのものは今年はちょっと遅いらしく、駅前――円覚寺の山門前の紅葉は真っ赤になるまではまだもうすこし時間がかかる感じでした。

 この時間では円覚寺や明月院といったお寺もまだあいていないのですが、この日は境内に入る予定ではなかったので周辺をぶらぶら。
IMG_0364.JPG
 ちょっとだけ雲間から陽がさしてきて、横須賀線の脇の小路も晩秋の朝らしい澄んだ空気でしたです。


 明月院の周りの路地。
 路の脇に小さな川が流れているのが好みの一角です。
 紅葉が盛んな時期になると、この水路の水に色づいた葉っぱが次から次へと流れてくるのですが、この日はやはりまだちょっと時期が早く。

 結局、鎌倉側にちょっと行ったところにある踏切を渡り、駅のほうに帰ってまいりました。
IMG_0383 のコピー.jpg
 これは、途中で見かけたお茶屋さん。垂れ下がる蔓の雰囲気がけっこう好みだったので、今度もうちょっとお昼近い時間に来ることがあったら寄ってみようかなあ。

 駅に着いたころには時刻は7時半になり、そろそろ通学の学生さんたちが北鎌倉に降りてくる頃合い。
IMG_0355.JPG
 北鎌倉は駅のホームが狭いためか、(あと、もしかしたら学校でそう指導されているのか)女学生さんたちがホームにきちんと列を作って出口改札を待つのが印象的です。
いや、もうちょっとたってからの電車で降りてくる学ランの男子学生さんはラッシュで改札に向かうので、 その対比もおかしいというかw
 北鎌倉って僕にとって、神奈川の駅の中でも「セーラー服の女の子の似合う駅」の双璧のひとつなのです。もうひとつは横浜の石川町駅。石川町が山手の学校に向かうちょっと洋風な装いの(本来的といえば本来的な)セーラー服のお嬢さんが似合うのに対して、北鎌倉は古風(というか、日本に入って和様式化した)な地味セーラー服の文学少女然とした女の子が似合うイメージ。
 やっぱりこう、いつか小説の舞台につかってみたい土地ですよね。

 今回の経路はこんな感じ。(mapionのブログパーツを使ってみました。「大きな画面で見る」を押していただくと、地図上に経路が出ます)


 さて、駅のホームでしばし妄想にふけってみたものの、時刻はまだ8時前。
いつもでしたら鎌倉経由で江ノ電の方面に足をのばすのですが、この日は前述の通りいまにも雨になりそうな曇天。海の方面はちょっと、散歩にも撮影にも向かなそうでした。

 なので。ちょっと、前から言ってみたかった鎌倉の向こう――逗子方面に、ぶらっと散策に出てみることにいたしました。
 いきあたりばったりに下りの横須賀線にのって、鎌倉を通過し、おそらくは20年以上ぶりになる逗子の地へ、いざいざ。
【次回につづきます】
posted by つむぎゆう at 21:15| Comment(0) | 散歩記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: