2012年11月20日

コミティア102 御礼&レポート

 一昨日のコミティア102にてお会いいたしました皆様、ありがとうございました!
 おかげさまで、秋の即売会参加ラッシュ(9月末〜昨日で、サークル参加4回一般参加3回)のラストにふさわしい、充実した一日でありました。
以下、簡単ながら箇条書きレポなぞを。

■この日は、ビックサイトではコミティア、TRCでは文学フリマという、創作文芸ジャンルにとっては秋の終わりのお祭り的な一日。
 サークル参加はやはり、二つの会場に割れていたのですが――とはいえ、買いにいらしてくださるかたが分散して少なくなるのではないかという心配は、あまりしていませんでした。
 前にも日がかぶったこと(しかもその時は、コミクリも同日だった)は以前にもありましたし、そのときも特にそれぞれのイベントが同日開催の影響を受けたということはなかった記憶がありましたゆえ。
 前のときはまだツイッターとかなかったので「向こうの様子はどうかな……」とかイベント時間中にちょこっと気になったものでしたが、今回はちょっと手が空いたときにタイムラインを眺めるとティア参加組と文フリ参加組の知り合いのサークルさんのツイートが次々流れてきて、ちょっと不思議な臨場感がありました。

■今回のディスプレイはこんな感じでしたです。
IMG_0330.JPG
 二段になっている前側左が、今回の新刊のR18「ふら×2 ―ちえみと晶の平面の事情―」、その隣がぷにケット新刊の「謝肉祭」、右側がサンクリ新刊の「東都恋唄1 ―橋の上の遊戯―」。
 4週間で3つという秋の即売会三連戦においての目標だった「全部のイベントで新刊」が無事達成できたので、ディスプレイするときはちょこっとだけ気分上々でありました( *´ ω`*)  見本誌シール3枚使いきりとかも、何年ぶりかになるので気持ちいい……!


001.jpg
 新刊の「ふら×2 〜」は幾度かブログにも書かせていただいた通り、サークル零式MAGNUMP−CRUSH(p珍)さんに描いていただいた挿絵がほんとに可愛いので、ボードこさえていっちゃいました。


IMG_0331.JPG
 新しい本が三冊なので、スペースがかなりいっぱいいっぱいで、本のひとつは正面向けに値札つけられない配置になったりしたのがちょっと反省点。
 在庫の中にもしばらくスペースに置けていない本が10種類以上あるので、平置きできないぶんをどうするかは今後の用検討事項ですね……。表紙と本文サンプルをA4にラミネートした立ち読み用カタログとかつくっていくといいのかも。

■今回、文芸通路に人通りがおこりはじめるのはいつもよりゆっくりめかな……などと思っていたのですが、始まってみるとそんなこともなく――自分のところも、最初の30分で新刊をはじめとして何冊も本をお手にとっていただきました。
「これから文フリ行ってきます」とおっしゃるかたも何人もいらっしゃり、創作文芸ジャンルを好きでいてくださるのがなんだかすごくありがたく……! 
 いつも自分のスペースにいらしてくださるかたがたにも新刊をお渡しすることができ、幸福なひととき。
 今日はこれくらいお手に取っていただけたらいいかなー……とかこっそり考えていた冊数を、最初の1時間で突破するという嬉しい誤算もありました。

■今回、ほかのサークルさんもおっしゃっていたのですが、新規で買ってくださったかたが多くいらっしゃったように思えました。(どうして新規のかたとわかるのかと思われるかもしれませんが……なんでかはうまくいえないのですが、わかるものなのです)
 総じて、文フリと同日開催になったことでお互いの勢いを食い合ってしまうようなことは、この日は全くなかったのではないかなー、と。

■新刊の表紙やボードのイラストを目にとめていただけたというのが大きかったのだと思いますが、自分のところも、あまり間があくことなく本をお手にとっていただきました。新規のかたがオフセット新刊の「ふら×2」と既刊1〜2冊をいっしょに買ってくださり、これまでにもうちの本を読んでくださっているかたが「ふら×2」「謝肉祭」「東都恋唄」の初売り3点をセットで買ってくださる感じで(ありがとうございますー!)――初売りが多かったことあって、冊数もコミティアでは久しぶりに総計で50冊を大きく超えていました。
 売り上げがすべてではもちろんないのですけれど、多くのかたが自分の文章を読もうと思って本をお手にとってくださったというのはやっぱりこの上なくうれしいです。

■うれしいことといえば、今回もたくさんのかたに初めてお会いできたのもまたよろこばしく。
 ツイッターをはじめて以来、毎イベントごとに、WEB上で普段お会いしているかたと会場にてはじめてお会いする機会が増えて、楽しみのひとつになっております。
 おひとりおひとりお名前は書けねど――スペースにいらしてくださったかた、 スペースにおじゃましたさいにお話ししてくださったかた、ありがとうございました。
 以前よりいつもお話ししてくださるかたも、ほんとうにありがとうございますです( *´ ω`*) あんまりこう、図に乗ってあつかましくさせていただいちゃったりしないようにしないといけないなーと、TL上でなんだかやってしまいがちな気がしているので肝に銘じてみたり。

■そういえば、14時過ぎくらいにスぺースにいらっしゃったはじめておあいするかたで、「女子中学生百合えっち書きのつむぎさんですね!」と初対面でおっしゃったかた、お名前お聞きしそびれちゃったのですがもしツイッターやWEB上の知り合いのかたでしたら、怒らないから次にお会いするとき名乗ってくださいww あとぼくそうじゃないものも書いてますw
 それに、別の知り合いのかたが、「田舎町女子中学生のHENTAI寄り百合を今度書くと聞いて……!」と、まだ公開していない情報を会うなり口にされて目を丸くしてみたり。なんだろう、深夜に酔いが回った時間にいつにまにかツイートしていたのかしら。お酒とネットこわいです。

■今回は、今年最後のコミティアだし思う存分買いものもするぞー! と思って、2回ほどスペースに留守番札を置いて遠征に回りました。13時すぎくらいに、自分のいる文芸ジャンルの置かれた西1ホールを。15時すぎくらいに、反対側の西2ホールを。
 いつもよりたくさん本が買えてほくほくだったのですが、遅い時間に赴いた西2ホール側では、新刊がすでに売り切れていたサークルさんも多く……スペースにいたいけれど本も買いたいというのは、ひとり参加サークルの永遠のジレンマですね。コピーロボット欲しい。

■そうこうしているうちにあっという間に16時になり、今年最後のコミティアは終了。
帰りは、コミティア以外のイベントも国際展示場付近で開催されていたのかちょっと駅が混雑していたので、近くのビルのもんじゃ焼き屋さんでミニ打ち上げをして帰ってまいりました。
IMG_0335.JPG
最後まで楽しい一日だった……。
重ねてになりますが、当日お会いした皆様、それから、原稿中の真夜中にネットでお相手をしてくださった皆様、新刊宣伝ツイートをRTしてくださった皆様、ほんとうにありがとうございました!

IMG_0342.JPG
帰り際、ひとりになってから振り返ったビックサイト。
冬コミまではあと1ヶ月ちょっと。冬は二年ぶりの参加になるので、悔いなきよう原稿にはげんでまいりたいと思います。
posted by つむぎゆう at 00:00| Comment(1) | 即売会参加情報/レポート
この記事へのコメント
コミティアお疲れさまでした!お会いできて嬉しかったです。
にしても、冊数50冊超えなんて考えられない……。すごいです。さすがに3冊新刊があると強いんでしょうか。
あとは、つむぎさんの人柄でしょうねvv
打ち上げ、もんじゃ美味しかったですー。ありがとうございましたw
Posted by 速水貴帆 at 2012年11月21日 17:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: