2015年08月11日

夏コミ告知その2 おしっ娘アンソロジー『し〜むす!』に参加しました

 夏コミ告知、今日は二回目。
 前回ラストにちょこっと触れたのですが、アンソロジーに寄稿させていただきました。

【今回は、18歳未満のかたは以下の記事はご遠慮くださいまし】


cmus10_banner.png
 おしっ娘アンソロジー『し〜むす!』VOL.10
(バナーから特設サイトへ飛べます)

 おしっ娘同人創作界では知らないひともいないアンソロジーの、FINALのナンバーです。
  
 思えば僕がこの、し〜むす!アンソロジーシリーズをはじめて目にしたのは、おそらく第2号が頒布されていたコミケでのことでした。
 ファンである作家さんが幾人か参加されていて誌名は知っていたこともあり、夜歌さんのイラストの表紙の可愛さに惹かれたのもありで、買って帰ってきたのです。
 一発できゅんときたのは、いまでもよく憶えていますね。
 作品のひとつひとつが可愛えっちくて魅力的であったのももちろんですが、十人二十人ではきかない同人作家さんたちが「自分たちは これが 好き!」という旗の下に集ったその好き好きパワーたるや……!
 当時の自分はまだ、同人活動は始めていたもののR18作品は書いてはいなくって。実は今に比べると、おしっ娘属性も(もちろん本を書う以上好きではありましたが)ここまで自分の好き属性の核をなしてはいなかった気もします。
 それがこれを機に、イベントのほうのし〜むす! に一般参加するようになり、参加されているサークルさんの個人誌を購入していく中で属性にはまりこみ、自分でもR18作品を発行するようになり……今年のGWには、即売会のほうのし〜むす! にはじめてサークル参加することもできました。

 そんなわけで、いまの自分の、R18作品書きとしての部分の重要な一要素の起点になっている思い入れの深いアンソロジーシリーズ。今回でFINAL、ひとくぎりなのは惜しまれますが、その最後の一冊に原稿を載せていただいたのはほんとに嬉しいです。

 今回自分は、4ページの小説で参加させていただきました。
 名称未設定 1.png
 冒頭はこんな感じ。
 pixivの『謝肉祭』や、無料配布本の『肌色の牧場』などで書いているのと同じ「高等部の先輩が中等部の女の子たちを調教してペットにしている、神学系の女学校の女子寮の夜」を舞台にした作品になっています。ここに掲載した部分にはまだおしっこ出てきませんが、後半はわりと過激な女の子×女の子――相互飲尿ものです。

 僕の作品はともかく、特設ページに飛んでいただいてご覧になっていただければお分かりのとおり、おしっ娘ものを愛する同人作家のかたがたが一堂に会した一冊。Vol.2〜Vol.9までを読者として読み続けてきた自分が、絶対の自信をもってお勧めできます。
 コミケにいらっしゃるかたは会場で、いらっしゃれないかたも特設ページから飛べるとらのあなさんの通販ページ等でなにとぞなのであります!
posted by つむぎゆう at 23:04| Comment(0) | 即売会参加情報/レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: