2014年10月25日

秋の属性オンリー即売会参加レポ@ 9月27日 眼鏡時空11

 昨日のGLFにてお会いしたみなさま、ありがとうございました!
 おかげさまで、充実した即売会の一日を過ごすことができました。


 さて、いつもながら、ちょっと油断するとこの日記にでっかいブランクをあけてしまう自分なのですが――本の杜から昨日までの間に、昨日のGLF含めてふたつの即売会に参加してきました。
 今日はそのひとつめ、9月27日の夜に蒲田の大田区産業プラザ(PIO)にて 開催された 発生した眼鏡時空のレポートをお送りしたいと思います。一か月遅れですが、ご覧いただければと!

 

 前回の眼鏡時空も 夜開催/サークル受付は当日(事前参加表明制度はありだけど、表明していなくてもスペースがあれば大丈夫)/搬入は手搬入オンリー という型破りなイベントだったのですが――今回も秋口くらいに眼鏡時空の公式アカウントさん(@MeganeJikuu)より日程候補があげられて公式ページに告知がされたところから、眼鏡好きサークルさんの間でみるみるうちに情報が伝わり当日を迎えたのでした。

 今回は実はぎりぎりまで、サークル参加はできずに一般参加かなあ……と思っていたのです。上半期最後の土曜日で、確実に出勤があることは確定していましたし、いちばん早くあがれてもPIOに着けるのは開催時間の6時に間に合うかどうかのところ。事前申し込みのある即売会であったら、間違いなく見送らざるを得なかったと思います。
 参加表明サークルに名乗りをあげておいて当日間に合わなかったらご迷惑になるかもだし、仕事が終わってから一般参加するほかないかなあ……と、前日の夜になんとなくツイートして床について。
 で、当日朝。いつも仕事にいく時間より一時間くらい早く目が覚めてツイッターの通知欄を見てみると、公式アカウントさんから「前回は閉会間際に参加したサークルさんもいらっしゃいましたよ」とのリプが。
 眼鏡時空の公式アカウントさんは、前々からとくに当日近くになるとものすごく対応が活発で細やか(参加サークルさんの告知のRTや、疑問点へのリプライなど)なのです。
 もちろんそうしたサポートを最初から期待してはダメですが――一サークル参加者に過ぎない自分にこんなふうにサポートがいただけるというのは、ほんとに嬉しい。
 ってなわけで、朝の5時前に30分でディスプレイ用品と眼鏡さんヒロイン本数冊ずつを紙袋に詰めて出勤し、
IMG_3995.JPG
 渋谷のロッカーに預けていき、夕方までに全力で仕事を切りあげて(というかむしろ月曜の自分に丸投げして)そのままPIOに向かったのでした。
 幸い、15分くらい前にPIOに到着。
IMG_3998.JPG
 朝にTwitterで「参加します!」とお伝えしたことで、スペースはすでに表示されていて感激でした。
 
IMG_3999.JPG
 さささっとディスプレイを用意して、時空の発生時刻を迎えたのですが――

 いえほんと、参加してよかったです。楽しかった!
 サークルスペースはサークルさんたちで満了状態でしたし、一般参加のかたも、PIOの一階奥の会議室が人でいっぱいになるくらいの賑わい。
 いつも参加してて思うのですが、眼鏡時空は会場内にいてほんとにこう、高揚感のある即売会なのですよね。サークル参加者一般参加者スタッフ参加者のかたを問わず、会場内が『好きだー!』という空気で満ちている感じがして。
 固い内輪なのだけれど、その内輪は眼鏡好きなかたであれば誰に対しても開かれてる。今回でサークル参加は三回目(一般ではたぶん、第4回くらいから)なのですが、初めて参加した回からものすごリラックスして楽しめたのを憶えています。
 眼鏡時空のこの和気あいあいなお祭り感というのは、発生日が近くなると誰からともなくツイッター上で眼鏡時空カウントダウンイラストが貼られて公式さんにRTされていったりすることや、(夜の眼鏡時空の回は)当日 閉会 空間収束後のサークル撤収時間が15分しかないというエクストリームにもかかわらず参加者が「うわー今回もだよww」的なノリできっちり撤収を終えてしまうところにもあらわれているなあと思います。
 ツイッターの公式アカウントさんや、タグ #眼鏡時空のログを追うと、そのみんな大好きさ加減が伝わってくるのではないかと。

 同人イベント――特に属性オンリーって、愛ある悪ノリの間合いのようなものが楽しさに直結するようなところがあって。いい意味の悪ノリが走れば走るほど楽しいけれど、かといってほんとにコントロールを失ってそこにいる一部の誰かが割を食うことになってはダメ。置いていかれるひとが多くいてもダメ。
 そういう意味で、眼鏡時空は
 ・サークルや一般で参加する人々が、悪ノリが大好きで、
 ・主催さんやスタッフさんにその悪ノリを受け入れる懐の広さがあって、準備が綿密で、
 ・三方がそれぞれ、楽しくできる悪ノリの間合いを知っている。
 という、属性オンリーが楽しくなされる因子がぜんぶ備わっている即売会なのではないかなーと、思う次第なのであります。

 たくさん本も買ったし――自分の本も、夜の3時間足らずという時間にもかかわらず、8月のコミティアの冊数と同じくらいお手に取っていただきました。
 次もまた発生の予定があるということなので、楽しみなのであります。
 ツイッターの公式アカウントさんからリアルタイムかつサプライズに情報が発信されるので、眼鏡好きなかたはチェックされると幸せになれますネ!

(次回は、「Girls Love Festival12」のレポートお送りします)

posted by つむぎゆう at 14:49| Comment(0) | 即売会参加情報/レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: