2014年09月28日

先週の 本の杜6 参加レポート

 先日9月20日、川崎市産業振興会館にて開催されました本の杜6、サークル参加してまいりました。当日お会いいたしました皆様、ありがとうございましたー!
 簡潔ながら、今日はそのレポなぞをお送りしたいと思います。

今回の本の杜は、土曜日開催
なので、いつもの日曜日の即売会のつもりでいると「準備にあてられる前日」というものが存在しないのが要注意でした。(まあ、夏コミで最終日以外に参加のときや、土曜日が出勤の時のイベントのときと同じ感覚ではあるのですが……)
 夏コミあたりからのびのびになっている新刊『春日横丁ラプソディ2』をぜひとも持っていきたいと思って書き進めていたのですが、ようやく本文第一稿が仕上がったのは木曜日の深夜。金曜日の通勤の行きの電車で赤ペン片手に校正して、持って行ったノートPCで帰りのバスで校正分を打ち直して、帰って深夜に編集→印刷という突貫作業。印刷を終えて三時半になったところでいちど床に就いて、6時に起きて製本と製本テープ貼りをして、
IMG_3960.JPG
 ディスプレイ用の印刷物を打ち出して8時半に家を出ましたw
 とはいえ、川崎市産業振興会館は実は僕の家から50メートルもない最寄りのバス停からバスに乗って、降りて200メートルほど歩くと着くという、歩行距離が実に短くて済むイベント会場。睡眠時間は短めとはいえ、即売会の日は不思議と目がさえているもので、乗り過ごすこともなく会場に到着しました。
続きを読む
posted by つむぎゆう at 23:59| Comment(0) | 日記

2014年09月18日

土曜日の本の杜

スペースをお知らせしていなかったのですが、先日参加案内が届きまして――A20とのことです。
(とはいえ、会場はちいさめなのでスペースがわからなくてもだいじょうぶですが)

そして、たった今(日記の日付は18日になってますが、いま19日金曜日の午前2時です;)、新刊の本文が書き上がりました。
明日仕事から帰ってきて校正編集印刷製本がとどこおりなくできればですが、新刊、出ます!
5月のコミティアで頒布した『春日横丁ラプソディ』(リンクはpixivのお試しページです)の2巻。一巻の二人とは違う、お気楽元気っ娘と眼鏡さんのお話になります。
詳細はまた明日――製本終わってから日記書くことができれば、明日……!

ひとまず、土曜日の文芸オンリー本の杜(@川崎市産業振興会館)、
http://ivent-hon-no-mori.com/
自分のところはともかく、いらしていただければ嬉しいですー( *´ ◡`*)
posted by つむぎゆう at 23:59| Comment(0) | 即売会参加情報/レポート

2014年09月08日

字書きさんに5つの質問タグの回答

 ちょっと前からツイッターで流れてる、「#字書きさんに5つの質問」のタグ。こういうの、答えると普段はなんとなくしか考えていない自分の書きかたを見直せるので好きなのですが、さりとて自分なぞがTLに5つも連投してしまうのはなかなか心苦しく――;
 ちと反則ではあるのですが、記事にしてこっちに書くことにいたしました。
 いちおう、それぞれの答えはツイッター準拠で、(140字−タグの字数12文字=128字)以内になるようにしてあります。
 よろしければ、ご覧になってやってくださいましー

@プロットどうやって作ってるか
アイデアからだいたいの枠とキャラを決める→冒頭を原稿用紙10枚くらい書く→冒頭書いてみると会話や口調からキャラが固まるので、そこから「ここはやっぱりこう動くなー」とか思いつつ修正→だいたい大きくはぶれないくらいになったら、見切り発車で本文の続き執筆開始。

A1つの作品を何回くらい見直すか
書いてる間は毎回執筆前にそこまでを読んで助走代わりにしたりするので、長くかかる作品はその分見直す回数多いです。短編だと、たぶん20回くらい? 全体を通しての見直しは、本にする前に2〜3回のみです。あとは、完成してしばらく置いたころにお茶飲みつつ読みます。

Bどのくらいの時間で書き上げるか
作品の長さによるのですが、通勤の行きの電車(早朝で空いてる)と帰りのバス(終点→終点なので座れる)で毎日少しずつ書くスタイルなので、1日1〜3KBくらい。なので、即売会でよく出すA5二段40ページ位の短編は、だいたい平均一ヶ月くらいではないでしょうか。

Cスランプに陥った時どうしてるか
Bのような書きかたなので、忙しいか忙しくないか調子がいいか悪いかに関わらず、毎日ちょっとずつ書くことにしてます。スランプの時も同じ。自分は書き始めると書き始めたことでテンションあがるほうなので、気分転換よりとにかく書いてあとで修正のほうがあっていますね。

D書く上で気をつけてること
書いてるときには、これが唯一無比の! というのは特にないです。文章的なところで強いていえば、五感(とくに、視覚聴覚以外)ぜんぶを描写に取り混ぜることとでしょうか。あと、キャラの性格を台詞だけでなく仕草でこまごま表すこととか。
posted by つむぎゆう at 22:01| Comment(0) | 執筆・創作関連

2014年09月07日

コミティア109 サークル参加レポート

 前回の日記の通り、この間の日曜日、東京国際展示場にて開催されましたコミティア106にサークル参加してまいりました。お世話になったみなさま、ありがとうございました!
 今日は簡潔ながら、レポートをしたためさせていただきたいと思います。

コミケの時に「コミティアでも新刊あります」的なことを申し上げていたのですが、終わって2週間のブランクの間にコミケ終了後特有のぐったりのんびり期間をおいてしまったたこともあって、今回はちょっと新刊はなし。夏のコミケとコミティアであわせて新刊3冊というのは毎年目標にしているところなのですが、なかなか達成できないでおります;
 前日は、コミケで数の減った自家製本版の既刊の増刷や、久しぶりのぺーパーづくりなどを行い――それでも、寝落ちをしたりお酒飲みながらだったりしたこともあって、気づけば時刻は二時半に。コピー誌新刊の印刷があるときもないときも寝る時間が一緒なのは不思議。
 とはいえ当日は、コミケよりは一時間遅い6時に起床なので、ちょっと余裕はあります。身支度と最終確認をして電車に乗り、会場にはサークル入場がはじまってすぐの9:15頃に到着しました。
IMG_3770_1.jpg
 2週間ぶりのビックサイト。コミケの日はこの写真撮影の位置のあたりまで入場列に埋め尽くされていた大通り。あの日よりはひとの少ない、けれども逆三角の屋根の下に向かう同好のひとたちと歩く石畳は、毎年夏の終わりの風物詩であります。

続きを読む
posted by つむぎゆう at 15:40| Comment(0) | 即売会参加情報/レポート